2014年03月03日

木下大サーカス・名古屋公演・自由席レポ。






木下大サーカス・名古屋公演に行ってきました。
初参加ですが、忘れぬ内に気付いた事をメモメモ。

今回の公演期間は、2月22日〜5月19日。



我が家が行ったのは公演開始直後の日曜日。
当日は近隣で他のイベントあり。
公演時間は3回目の時間帯。
自家用車で行きました。
チケットは自由席。
2歳児付き。




一日の内、1回目の公演以外は、観に来る人と帰る人との車の出入りで混む、
日曜で しかも近隣イベント有りの日は駐車場に入るだけでも混む、
・・と聞き、覚悟を決めてイザ出発。


混雑を予想して早めに出たら
予想外に混雑が無く早く着いてしまい、車内でノンビリすることに



混雑が少なかった理由を考えると・・

我が家の参加は夕方開始の公演だったので
近隣イベントは終わりごろで あまり影響なく済んだのかも。

それからサーカス期間の初め頃は比較的 空いてるそうな!
行くならお早めがおススメかもしれませぬ



サーカスの門をくぐってすぐの所に自由席の人が並ぶテントがあり
公演開始時間の1時間〜30分前ぐらいになると人が増えてきて列が出来、
あっという間に長蛇の列となるので、早めに並ぶと良いと思います。


入場開始すると、そのままの列で座席まで向かうので
早く並べば、自由席の最前列に座ることも可能。


自由席は段々畑のように
後ろへ行くほど座席が高くなっているので
最前列ではなくても後ろの方でも見やすいと思います。

自由席でも最前列だとピエロが子供に握手をしに来たりします。
自由席の後部席でもピエロから御指名を受けてショーに参加した方も居ます。



自由席は舞台の真横からの観賞ですが
マジックショーは全方向を向いてくれるし
テント内はコンパクトなので、舞台がそう遠くなく、よく見えました。

自由席は裏方さんの動きが目の前で見られたので
下準備が覗けて それも興味深かったり。


リングサイドやロイヤル席の指定席の所は、
段々畑の席ではなく平面の席で前後に何列かあるので
子供さんが大人の後ろになってしまうと見えにくい場合あり。

係りの方が、椅子の上に置く上げ底ブロックを持ってきてくれます。

指定席でも最前列でない場合、小さな子供さんは指定席の端っこ辺りだと
端の横から見られておススメです。



個人的に一番良さそうだなと感じた位置は、
やはり真正面から見られる「リングサイドA」やロイヤルブルー席。

バイク好きな方は特に「リングサイドC」が良いかも!
バイクホールでのバイク技は迫力満点です。

どれもリングサイド席は目の前で見られる上に
ピエロ達や動物達との絡みも多いです。



他にも気付いた点。

指定席は、ひとりずつ区切りと背もたれのある椅子ですが
自由席は長ベンチのような椅子です。

この長ベンチが、足元から高さがある上に少々 椅子幅(前後幅)が狭いので
小さな子供さんは落ちないよう注意。

おまけにモノを下に落とすと、段々畑の一番下辺りに落ちてしまうので注意。
もし本当に落としてしまったら係りの方が拾ってくださると思いますが・・



2時間の公演の合間に休憩が一度あり
テントの外に色々と軽食ショップが出ます。



気付いたことは、このくらいかなぁ。

サーカス自体は音と光と驚きの技で息つくヒマ無いくらい楽しめました

動物も出てくるし、大技の合間のピエロショーも面白いし、音楽もノリノリで
我が子もグズらず終始楽しんでいました

これは良いものを観た〜!!



サーカステント周囲にコンテナが沢山沢山並んでいて
これを全部運びながら各地を転々としているのだな、
サーカスの子は学校どうしてるのかな、
これはこれで面白そうな生活かも、
等など、サーカス技以外にも驚きが沢山あり。


大技を披露した方が、舞台出演時以外は裏方もしていたり
団員皆で協力している様子が伺えました。


そうそう、サーカス終了後は、サーカスに出演した象との記念撮影も出来ます。

それから、サーカステント裏手にある仮設トイレ、とても綺麗にされていました







ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
posted by すいれん at 13:46| フランクフルト | Comment(0) | 旅の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。