2010年05月26日

ホタル観察









ホタルを観に行って来ました。ぴかぴか(新しい)

ヒメボタルです。目



ヒメボタルというと
ゲンジ・ヘイケと比較して
飛び始める時期が遅い覚えがあったのですが・・

私の記憶違いかな??あせあせ(飛び散る汗)
沢山のヒメボタルを観ることが出来ました。わーい(嬉しい顔)


なかなかホタルの光を写真に収めることは難しくて・・

-1005220020.jpg

右斜め上なんとか写せた1枚です。
分かんないって?たらーっ(汗)
真ん中の ほんわりした光が、ホタルの光です。ぴかぴか(新しい)

ホタル鑑賞会の運営の方が捕まえて見せてくれたホタルです。目
だから光が肌色っぽいの。




以前住んでいた所は自然という自然も無かったので
毎年、クルマで数時間かけて山奥のホタル鑑賞会へ出向き

物凄く沢山の観客さんと共にホタルが飛び始めるまで じーっと耐えて・・
という流れだったのですが、


今年はッぴかぴか(新しい)

なんと、先日入居した今の家から
クルマで数分(徒歩でも行ける)の場所にホタルが沢山いました!ひらめきわーい(嬉しい顔)

素晴らしい〜!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
また散歩がてら行こうと思います♪わーい(嬉しい顔)










posted by すいれん at 21:48| ボストン ☀| Comment(0) | 旅の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

夏の思い出 @ 【富士山 その@】










今年の夏休みの思い出を少々。手(グー)




夏休みの終わり頃に 急な休みが取れたので
急遽、静岡へ行くことにしました。車(セダン)

旅の決定から出発まで調べる時間が あまり無かったので
とりあえず図書館で静岡情報誌を ごっそり拝借。本


我が家、長時間運転が大好きで運転席を譲らない私が未だアナログ人間でたらーっ(汗)
ナビ無し・地図派、あとは標識と看板と現地の方を頼りに出発進行〜手(グー)
(いつも こんな感じで行き当たりバッタビな我が家わーい(嬉しい顔)



さぁ〜ドコ行こかー!?ということで、
高速乗って数時間走り、いきなり目的地は富士山5合目目

車で行くルートは4ルートあるそうで
マイカー規制のある時期も、あるようです。


我が家が通ったルートは「富士宮口」。

このルートの入り口(富士山スカイライン)に
料金所の跡地のようなものがあったけど・・以前は有料だったのかな?
今は、無料の道でした。ひらめき



そして御丁寧にも 早速ヤル気を削がれそうな
「駐車場まで渋滞7キロ」の文字。爆弾

まじすかー!!がく〜(落胆した顔)
いやいや、ここまで来たんだし、行くっきゃナイっしょ。

ってことでレッツゴー!わーい(嬉しい顔)




最初はスイスイ走っていた富士山スカイライン、

しばらくすると予告通りの渋滞に遭遇。ふらふら



1008280025.jpg

何故だか ここから路駐車が増え、(写真右奥は路駐車の列)
実質 片側交互通行になってしまっているので渋滞発生!?・・っぽい。ダッシュ(走り出すさま)


車が全く動かないのでエンジンを切り、のんびり待つ。

停車状態が30分ほど過ぎると、
Uターンして帰って行ってしまう車が続出。あせあせ(飛び散る汗)



渋滞は平気なので、これは長期戦になりそうだな〜と
図書館で借りまくった雑誌や書籍を今がチャンスとばかりに読み漁る我が家。わーい(嬉しい顔)

1008280027.jpg


合計で1時間ほど停車状態だったかなぁ、
徐々に少しずつ、進んでは停まり、また進んでは・・とノロノロ走行。



その時も、Uターンしていく車がチラホラ・・



1008280026.jpg

前に並んでいた車たちが何台も帰ってしまい(路駐したのかな)、
結果、大型観光バスの後ろに付いたのがラッキーだったのか、

片側通行状態なので大型バスが通ると対向車線が道を譲ってくれて・・


あとは一気に5合目の駐車場に到着!ぴかぴか(新しい)



1008280028.jpg

霧なのか雲なのか。(同じ?あせあせ(飛び散る汗)
辺り一面が曇ったり晴れたり。曇り



1008280032.jpg

ここは大型バス用の駐車場。

一般乗用車用の駐車場が また混んでいて。あせあせ(飛び散る汗)
ここでも全く動かない渋滞なのでエンジン切って停車状態→読書。本



1008280033.jpg

でも景色は凄く良い!目
(写真の車は下の駐車場で空きを待つ車たち車(セダン)



1008280034.jpg

あ・・気付いたらアルフォートが なめらかになってた・・あせあせ(飛び散る汗)
太陽に近いからか、陽が照ると暑い!あせあせ(飛び散る汗)
けど名古屋のような蒸し暑さは無く、爽やかな暑さ。ぴかぴか(新しい)




これまた のんびり空きを待っていたら
ラッキーなことに目の前で一台、駐車場が すぐ空いた!ぴかぴか(新しい)



そんな感じで、混んでいた割にラッキーが続き、
お昼前に5合目に降り立ったのでした。わーい(嬉しい顔)






ひらめき「富士山 そのA」へ続く〜♪
→ http://meaculpa.seesaa.net/article/163564640.html ←「そのA」ひらめき












posted by すいれん at 00:15| 厦門 ☀| Comment(0) | 旅の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の思い出 A 【富士山 そのA】










富士山5合目。



この日の目標は、富士5合目だったので
お土産屋サンを覗いて景色を満喫して、帰るつもりでした。






が。






登山口を眺めながらウロウロしている不審な我が家に
「どこまで行かれますか?」と声を掛けてくださった富士山案内の方。目ぴかぴか(新しい)


「どこまで」というか、明らかに軽装な我が家、
持ち物は飲み物とカメラ、ジーンズにスニーカーという出で立ち。あせあせ(飛び散る汗)




そんな軽装で、もしかして登れる場所が・・!?と聞いたところ、
6合目と その先の遊歩道まではOK!とのこと!ぴかぴか(新しい)(勿論、天候等により)




これは行くしかないでしょう!!ぴかぴか(新しい)

ということで、また いきなり6合目まで登山決定。手(グー)




1008280037.jpg



でも5合目から登山で軽装なのは我が家くらいでしたが・・あせあせ(飛び散る汗)
他の方々は、ばっちし頂上まで登るほどの完璧な登山姿でした。わーい(嬉しい顔)



富士宮口5合目からの登山風景は こんな感じ。目

1008280039.jpg


時折、景色が一気に真っ白になることがあって・・

1008280040.jpg

また一気に晴れるのですが。

雲が通過したのかなぁ。目



富士山の道は冷えた溶岩の塊がゴロゴロ。

1008280041.jpg

1008280069.jpg

いわゆる軽石です。目
ちなみに富士山は国立公園なので、富士山の石は持ち帰り禁止です。ふらふら




5合目の登山口から6合目の途中に1箇所、トイレあり。

傾斜のある道だけど、景色が綺麗〜ぴかぴか(新しい)



1008280043.jpg

あぁ、写真より実物の方が ずっとずっと素晴らしい。

1008280044.jpg

もう、どこを撮っても素敵すぎる景色。

1008280047.jpg

おまけに、すご〜く涼しいの!ハートたち(複数ハート)

1008280050.jpg

もう、ここで今 富士山が噴火したら
素晴らしい景色の中、人生を潔く諦めるしかナイ!たらーっ(汗)



そうそう、前を歩くお兄さんに声を掛けて
撮らせてもらった一枚の写真。目

1008280045.jpg

かッ・・カ○ビーのポテトチ○プスの袋がパンパン!目爆弾


気圧の変化で こうなるみたい!?
ポテチの袋の変化が分かるようにリュックに引っ掛けてある!わーい(嬉しい顔)

いや〜面白い実験!ひらめき



そして6合目に到着〜手(グー)

1008280054.jpg





さてはて続きは6合目の先の遊歩道へ・・♪手(グー)

ひらめき「富士山 そのB」へ → http://meaculpa.seesaa.net/article/163569322.html









posted by すいれん at 01:06| 厦門 ☀| Comment(0) | 旅の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の思い出 B 【富士山 そのB】









ひらめき夏の思ひ出「富士山 その@」は こちら。わーい(嬉しい顔)
→ http://meaculpa.seesaa.net/article/163561055.html







富士山6合目に到着した我が家。わーい(嬉しい顔)




ここから先は遊歩道を通って、5合目まで戻れるハズ・・と
案内看板の地図を見ると・・

1008280058.jpg

大事なトコ(ちょうど遊歩道部分)が剥がれている!あせあせ(飛び散る汗)

きっと皆、指で地図の遊歩道を伝って確認してたんだろうなぁ。
だから剥がれちゃったんだと思われます。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)





気を取り直して、6合目にて気付いたことを少々。目

1008280055.jpg

500mlペットボトル飲料が1本3百円。目


1008280073.jpg

そしてトイレ1回、2百円。目目
(5合目と、途中のトイレは無料ですが募金制です。)

国立公園の維持管理の為、ね。ひらめき




1008280057.jpg

さて こちらは、7合目への道。

我が家は遊歩道へ出発。手(グー)

遊歩道の入り口は・・

1008280059.jpg

ここ!?ふらふらと思ったけど、そう、ここ。





夫が、「これって、遊歩道って ゆうほどォ・・たらーっ(汗)
と、即席な寒いダジャレをつぶやいたのは さておき。わーい(嬉しい顔)


少し こんもりとした草木の中を通ると道が開けて・・

1008280068.jpg

お次は傾斜も少なく、ずっと続くほぼ平らな道の遊歩道。ぴかぴか(新しい)
(写真は下り坂に見えるけど下向きに撮っただけあせあせ(飛び散る汗)


1008280071.jpg

雲の上です!手(グー)


1008280070.jpg

細かい軽石類が沢山。
夫は これを「ペディグリ○チャム」と呼んでおりました・・わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


1008280064.jpg

更に歩いて歩いて・・


1008280066.jpg

富士山の お隣にある「宝永山」(ほえいざん)が見えてきました。
宝永山の斜面にあるギザギザは、なんと登山道!手(チョキ)

写真では分からないけれど
実物を よく見ると沢山の人の列がありました。目



そんな、宝永山へ行く道と遊歩道が分かれ道になっている所、

1008280065.jpg

ここで問題発生・・ふらふらあせあせ(飛び散る汗)


遊歩道の続きの道が見当たらず。あせあせ(飛び散る汗)

遊歩道として看板や矢印が差す方向は下り斜面になっていて
我が家、軽装だし子供も一緒だし無理は禁物と判断し
遊歩道の来た道を引き返すことに。もうやだ〜(悲しい顔)




ちょっと残念だったけど、致し方の無いことも、ある!手(グー)


5合目から6合目までの景色も綺麗だったけど
遊歩道からの景色が一番、素晴らしかったと思いまふ。わーい(嬉しい顔)



1008280077.jpg


1008280075.jpg


1008280080.jpg




そして無事に
引き返した遊歩道から5合目への登山道へ入り・・


最後に、5合目の駐車場から富士山を見上げてパチリ。カメラ


1008280079.jpg



真夏の富士山は青々としております。ぴかぴか(新しい)
初夏ぐらいは雪が残ってるんじゃないかなぁ。雪

富士山は、山全体を遠くから眺めても素敵だけど
富士山に登って、そこから見える景色が本当に素晴らしい。ぴかぴか(新しい)






1008280081.jpg


そういえば。
富士山へ行く途中で見つけた、ヤバイ信号!?あせあせ(飛び散る汗)

ちょっと見にくいけど、
交差点名が 「矢場居」・・「ヤバイ」!?たらーっ(汗)






ということで
富士山のお話は ここでオシマイ。かわいい


だけど、また行きたい。
じゃなくて、また、行きます。わーい(嬉しい顔)














posted by すいれん at 02:32| 厦門 ☔| Comment(2) | 旅の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

夏の思い出 C 【鉱物探索】








今年いつしか行った鉱物探しの写真を今頃発掘・・あせあせ(飛び散る汗)

今回は、ここ!(ドコ!?)

-1005040008.jpg

ご存知な方も多いと思われる、住宅地に 程近い行き易い某所。目
自衛隊の爆薬庫があるらしい(?)場所です。爆弾がく〜(落胆した顔)

この、壁のような部分を掘り掘りしてきました。

住宅地が近いし人気(ヒトケ)もあるので
山奥の奥の奥深い産地のようなリアルなヒヤヒヤは無くたらーっ(汗)
ささやかにワイワイと掘り掘りできました。わーい(嬉しい顔)



ここで採れるのは針状の細い小さな水晶。目

-1005270125.jpg

一円玉が大きく見える!

-1005260088.jpg

これは石の一部です。目

-1005270130.jpg

-1005270128.jpg

珪砂(けいさ:写真の白い部分・・水晶の成分です)に まみれてますが。あせあせ(飛び散る汗)

-1005270127.jpg

-1005270126.jpg


あまりハッキリ良い形のものは見つけられなかったけど
こういう六角形が自然と出来上がるのは何度見ても不思議。ぴかぴか(新しい)



そうそう、トカゲくん(?)とも遭遇。ハートたち(複数ハート)

-1005040011.jpg

-1005040010.jpg

-1005040009.jpg

尻尾を切って逃げてきたばかりなのかな?
痛々しいけど可愛いトカゲくんでした。ハートたち(複数ハート)












posted by すいれん at 13:37| 厦門 | Comment(0) | 旅の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

夏の思い出 D 【消防施設】









夏の思い出を今頃(!)こっそりと・・手(グー)




応募した地元住人限定ツアーの消防体験に参加しました。わーい(嬉しい顔)


消防署の裏側を見せてくれます!ぴかぴか(新しい)

1008160063.jpg

出動指令があった時に すぐに準備して出られるように
酸素ボンベなど必要なものが並べられていました。

1008160096.jpg

「働く車」と そこで働くカッコイイ方々に憧れを持つ我が子、大喜び。わーい(嬉しい顔)



1008160066.jpg

ここは司令塔です。目
撮影許可を得て撮影させていただきました。

「119番」を受ける場所です。
救急・消防車を出動させる場でもあります。病院

ここで作業する方は、常に緊張状態の中
勤務中は何時間も この部屋に「缶詰」状態なのだそうです。



そしてなんと、ここで今回特別に、
その場で「119番」に電話をし、本物の指令現場を体験させていただきました。目

ただし、実際に司令塔は稼動中なので
本物の「119番」が掛かってきた時には、「体験」は当然中止っ!爆弾


いつ本物の119番が掛かってくるか、というのと
初めての119番体験に手に汗握る私あせあせ(飛び散る汗)でした。

最近は固定電話で119番をすると
消防側に すぐに発信場所や居住者氏名が表示されるそうです。目




「119番体験」の後は「地震体験」をしたり・・

1008160093.jpg



おっ目
あれはポンプ車では!?目

1008160095.jpg

と思ったら「放水体験」をさせてもらえたり・・

1008160076.jpg



最後にはヘルメットを被り 太いロープと身体を繋いで・・

1008160085.jpg


ハシゴ車体験、行きまっせ〜!!手(グー)(ギャーッ爆弾

1008160087.jpg


ハシゴが こんな角度に上がり、

1008160092.jpg

更に上へ伸びて伸びて伸びて・・

1008160091.jpg


こ・怖かったぁあ・・っふらふら


近くの道路を走る車が
まるでミニカーのように見えたほどの高さでした。がく〜(落胆した顔)



消防体験では 滅多に出来ない貴重な現場体験をさせていただきました!
と、同時に、人命を預かることの重さも感じた一日でした。病院かわいい













posted by すいれん at 01:37| 厦門 | Comment(0) | 旅の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の思い出 E 【水族館】










久しぶりに名古屋港水族館へ。目

私の独断と偏見で
気になった彼らだけ、ちょっとだけ。カメラ




私の大好きな、マンボウ!ハートたち(複数ハート)

1007100006.jpg

何を考えながら過ごしているのかなぁ。

1007100008.jpg


ゆ〜ったりと漂うクラゲたち。

1007100012.jpg

海月。

1007100013.jpg

水母。(読みは同じ。わーい(嬉しい顔)

1007100102.jpg
1007100103.jpg

ずっと見ていても飽きない。ぴかぴか(新しい)

1007100105.jpg


Hello!! UTSUVO!! ・・ウツヴォ。
じーっとしてた。 動かない。

1007100016.jpg


うに。 うにうに。

1007100020.jpg


か・ かめちゃぁ〜ん!ハートたち(複数ハート)

1007100022.jpg

健気に泳いでおりました。
スピード、かなり速い!目

1007100023.jpg


水槽越しにイルカと戯れる我が子。わーい(嬉しい顔)

1007100047.jpg


イルカショーも観てきました。手(グー)

1007100061.jpg

毎度ながら調教師ってスゴイ。ぴかぴか(新しい)
つぶらな瞳のイルカくん。

1007100071.jpg


イワシの群れ。
“弱いから群れる”鰯。

鰯の群れにサメが突っ込むと
一斉に鰯が避けて、サメの道が出来てた。目

1007100085.jpg


名前の分からない、彼。
微動だにせず、常にシャッターチャンス。カメラ

1007100095.jpg


タツノオトシゴ。
写真の真ん中あたりに。

1007100097.jpg

ちっちゃいの、いっぱい〜!ハートたち(複数ハート)(茶色いの、全部!)

1007100099.jpg


これも名前の分からぬ彼。
彼も微動だにせず。

だけどカメラ目線・・な、気がする・・

1007100112.jpg


ゆっくり観てまわっていたら
あっという間に、夜。

1007100126.jpg


綺麗に装飾されていました。ぴかぴか(新しい)

1007100125.jpg












posted by すいれん at 02:24| 厦門 | Comment(0) | 旅の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の思い出 F 【伊豆の海】










静岡行きあたりばっタビの時
富士山登山後は伊豆半島の先端へ。車(セダン)


1008270007.jpg


富士から伊豆へ行く道は主に
伊豆半島内の西側・東側・真ん中、の 3通り。

無謀な我が家は無知のまま
半島を縦断する真ん中の道(国道414号線)へ。あせあせ(飛び散る汗)



それが、この国道414号線、知らずに通ったのですが
車1台しか通れない細い峠道な部分もあり・・あせあせ(飛び散る汗)

おまけに我が家は夜間に414号線を通ったので
外灯なく真っ暗な峠道を数時間、走るハメに・・たらーっ(汗)



そんな道中、ゆっくり走って安全運転、
無事に伊豆半島の先端部分「弓ヶ浜」の海水浴場へ到着ぅ♪

1008290092.jpg

夏の終わりでも、酷暑もあり 暑い。あせあせ(飛び散る汗)
けど時期的にか、思いのほか 人が少なく混雑もナシ。ぴかぴか(新しい)

海水浴場の目の前に駐車場アリ、1日1500円也。車(セダン)
小さな売店あり。自販機あり。
・・シャワーは見当たらず。あせあせ(飛び散る汗)(どこかにあったのかな?)

1008290084.jpg

この数日前に愛知県内の海水浴場に行った時は
クラゲが沢山居たので 伊豆の海もクラゲの心配してたけど

「ここらへんは今の時期もクラゲは見ないよ〜わーい(嬉しい顔)」と
地元の方が教えてくれました。ぴかぴか(新しい)



遠浅で、水質の良い海で沢山遊んだ後、
お次は弓ヶ浜内にあった磯を探索。目

1008290114.jpg

磯遊びは金魚用(?)の小さな網が便利。ぴかぴか(新しい)
海の生き物を沢山発見。目

・・フナムシも、たっくさん!!あせあせ(飛び散る汗)


大きなカニが ちらほら居ました。

1008290109.jpg


ハゼの仲間(?)の小さな魚。

1008290113.jpg


色々な形・大きさのヤドカリも。
手の上に乗せたので驚いて出てきません・・あせあせ(飛び散る汗)

1008290112.jpg

やはり しばらくは宿借り・賃貸に限るね!(?)ひらめき




伊豆の帰りは「西側の道(国道136号線)が景色良いよ〜!」と
これまた地元の方に教わったので、西側の道から帰ることに。車(セダン)


少し気づいたこと言うと、西側の道には
なまめかしい女性像(ハダカ!?爆弾が等間隔に点在していて


・・でも たまに男性像の時もあったので、女性像期待防止!?わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)



それと、西側の道は野生の猿にも遭遇!!爆弾
猿に注意の看板も見たので、普通なことなのかも。



そういえば、こんなスーパーも発見。目

1008290115.jpg

「ないものはない」らしい・・目

二通りの意味に取れなくもないけど
「ないものは、ない」!

さりげなく物凄い説得力。あせあせ(飛び散る汗)



そんな静岡は気候も景色も良いし
何度訪れても素敵な場所です。ぴかぴか(新しい)













posted by すいれん at 03:27| 厦門 | Comment(0) | 旅の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の思い出 G 【鍾乳洞】










静岡旅の帰りに立寄った場所、「竜ヶ岩洞」(りゅうがしどう)。目

1008300086.jpg


ここは東海地方最大規模の鍾乳洞。
2億5千万年前の地層地帯。


行き方は浜松西インターを降りて国道257号線を伝い、
あとは電柱や ところどころに道案内の表示があるので分かりやすい。車(セダン)


苦しそうなあせあせ(飛び散る汗)トラバウアー(!?)がお出迎えしてくれました。目わーい(嬉しい顔)
奥ではウルトラマンが闘っています。パンチ

1008300087.jpg


ペット預かり用のロッカーと、荷物預かりロッカーあり。

1008300090.jpg

入洞料は大人650円、中学450円、小学350円、駐車場無料、
だけど夏休み期間だけ ちょびっと、割引されていました。



このコウモリくんは竜ヶ岩洞に住んでいた(今も住んでます家)コウモリくん。

1008300096.jpg


観光地に付き物の、顔ハメ。
やってみると面白い!わーい(嬉しい顔)

1008300095.jpg

1008300201.jpg


さてはて、入り口はココ。目

1008300098.jpg

おぉお〜っ まるで洞窟探検気分。ぴかぴか(新しい)

1008300128.jpg

鍾乳石の成長速度は 100年に1センチ!
とても貴重な宝もの。ぴかぴか(新しい)

1008300182.jpg

洞内の様子を あまり個人ブログで公表して良いものか
少々不安があるので控えめにしておきます・・あせあせ(飛び散る汗)

洞内は年間気温が約18度!ぴかぴか(新しい)
酷暑でヒーヒー言っていた身体には最高に気持ちイイ!ハートたち(複数ハート)



「黄金の大滝」という鍾乳洞内の大きな滝あり、
冷た〜い地下水が溜まった泉あり
地底探検に我が子大喜び。わーい(嬉しい顔)



意外に長い鍾乳洞(総延長1000メートル・一般公開400メートル)を抜けると、

1008300191.jpg

「洞窟資料館」という、鍾乳洞の発見秘話や鉱物展示に お土産コーナー。プレゼント


こちらは「洞窟サンゴ」。

1008300195.jpg


お次は「犬牙状(けんがじょう)結晶」。

1008300199.jpg


などなど、この洞窟に ちなむ数々の展示品アリ。ぴかぴか(新しい)




お土産コーナーで我が家が買ったもの。ぴかぴか(新しい)

紫水晶好きな夫は、紫水晶を。ハートたち(複数ハート)

1008310241.jpg

不純物入り。
天然です。ぴかぴか(新しい)

1008310242.jpg

サイズ比較に何か無いかな(タバコ吸わないし・・)と探し、千円札。あせあせ(飛び散る汗)

1008310256.jpg

こんなに大きくて結晶も シッカリしているのに、なんと売価5百円!ぴかぴか(新しい)

ここにある鉱物や化石は状態にも全く問題なく、どれも破格。目




我が子は化石、「三葉虫」を厳選していました。(これも、5百円。)

何故 三葉虫か?と尋ねると
「このお土産コーナーの中で一番 年代モノだからわーい(嬉しい顔)」だそうな。あせあせ(飛び散る汗)

推定約3億5千万年前(本当かな〜)の化石だったかな、
我が子の宝箱に大切に保管されてしまい、写真ナシ。あせあせ(飛び散る汗)




私の、自分へのお土産は・・

1008310261.jpg

これ、私の大好きな「黄鉄鉱」(おうてっこう!)。ぴかぴか(新しい)

1008310237.jpg

良いモノだと もっと大きなサイズの結晶もあるけど
これは小粒ながらピリリと辛いぞ♪

水晶は角柱な形だけど 黄鉄鉱は立方体な形。
どちらにしても これだけ正確な形が自然に出来上がるのは神秘。ぴかぴか(新しい)


ちなみに黄鉄鉱は「愚者の金」という別名もあって
「天然の金」に間違える人が多かった、という由来。

異名もナカナカ面白い。わーい(嬉しい顔)
そして私らしい。爆弾


1008310259.jpg

黄鉄鉱も 先ほどの紫水晶と同サイズで9百円。ぴかぴか(新しい)


もうひとつの石コロっぽいものは・・

1008310285.jpg

メノウ。ぴかぴか(新しい) 小さな晶洞付き。

1008310282.jpg

色んな色形があって、どれにしようか迷いながら・・2百円!目(安っぴかぴか(新しい)




そんなこんなで、鉱物好きには見てるだけでも楽しいお土産屋さんを後に・・

1008300205.jpg

竜ヶ岩洞の敷地内にある、「ようきた洞」へ。目

ここは洞窟内の水を使った、「足湯」ならぬ「足水場」。
洞窟内ではないのに、この気温。ぴかぴか(新しい)
通常の外気温は30度超え。あせあせ(飛び散る汗)

1008300207.jpg

長椅子があり、ここで足を水に着けると
本当に冷たくて めちゃくちゃ気持ち良い〜!!わーい(嬉しい顔)

1008300209.jpg



ここで1日のんびり楽しんだ後
久しぶりな我が家への帰路に着いた、静岡旅でした。わーい(嬉しい顔)













posted by すいれん at 04:13| 厦門 | Comment(0) | 旅の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

夏の思い出 H 【竹とんぼ作り】











このブログにも載せていた地元大学にて
応募当選した子供講座「竹とんぼ作り」に参加してきました。目



これは私が竹とんぼ作りに夢中になりすぎて写真を全然撮ってません!爆弾がく〜(落胆した顔)
後で気づいたが 時既に遅し・・たらーっ(汗)




大学構内の、こんな作業場にて

1007310002.jpg

竹の板をクラフトナイフで切って形を作って
サンドペーパーで磨いて磨いてぴかぴか(新しい)

竹の中心部分にボール盤で穴を開けて
バランス微調整の為に削ったり磨いたり黙々&ワイワイと・・手(グー)




そして!



ローソクの火で少し あぶって
竹を、ねじった形に固定。目(講師さんが実演中カメラ

1007310004.jpg

これポイント。ひらめき

扇風機の翼のような形を目指すべし。ぴかぴか(新しい)



その後、竹とんぼの軸になる棒作りをして
竹とんぼの羽と棒をボンドで固定。



・・という作業工程。

意外に力作業もあって父親の参加も多く
親も子も必死で竹とんぼ作りでした。手(グー)





これがね、よく飛ぶの!目




とりゃ!!っと飛ばす我が子・・
だけど肝心な竹とんぼはドコ行った・・あせあせ(飛び散る汗)(カメラマンの腕に問題アリたらーっ(汗)

1007310005.jpg


今まで竹とんぼというと、
「力で飛ばす」という感じがあったのですが

今回作った竹とんぼは力要らず、
ふわ〜っと、風に乗って飛ぶのです。

すごい。目
竹とんぼって、あんなに飛ぶのかぁ!と目からウロコ!ひらめき



おまけに美味しい学食付きの、文字通り美味しい講座でした。レストラン

初参加の大学講座でしたが
味を占めたのでわーい(嬉しい顔)また来年も色んな講座に応募しよ〜♪ぴかぴか(新しい)












posted by すいれん at 01:38| 厦門 | Comment(0) | 旅の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。